PMS 薬 副作用

PMSの薬には副作用もあるので注意

月経前症候群と言われるPMSは、
月経の3日〜10日くらい前から身体や心に起こる不快な症状で、
月経開始と同時に、それらの不快な症状が消えてきます。

 

日本では、このPMSの辛い症状に対しての理解が少なく、
辛い気持ちや症状を抱えたまま、
我慢して過ごしている女性も多いのです。

 

 

これまで日本では、このPMS症状に対しての治療薬がなかったのですが、
近頃、日本で初めて、「プレフェリン」というPMS治療薬が、
新ゼリア新薬から発売されました。

 

これは、西洋ハーブのチェストベリーが、
薬としての有効性と安全性が認められたために、
新薬として発売されることになったのです。

 

 

「プレフェリン」というPMSの薬は、
月経前の乳房のはりや、頭痛、イライラや怒りっぽいなどに効果があります。

 

18歳以上の成人女性が対象で、1日1回1錠を服用します。
1ヶ月程度続けて服用することで、
PMSの症状が改善されたことが実感出来るそうです。

 

副作用は少ない薬ですが、
それでも、吐き気などの消化器への症状や、
発疹などの皮膚への症状が見られることがあります。

 

服用後に、副作用かな、と思われる症状があれば、
かかりつけの医療機関で診てもらうようにしましょう。

サプリメントなら副作用はないので安全

PMSの辛い症状を緩和するために、
低容量ピルを利用している方もいらっしゃいます。

 

他にも、PMSの頭痛などの症状緩和のために、鎮痛剤を服用したり、
イライラや抑うつなどの精神的な症状緩和のために、
抗鬱剤などを服用している方もいます。

 

これらの薬は、効果も高く期待できるものの、
それと同時に副作用が懸念されます。

 

 

PMSの症状が辛いけど、
副作用が気になるので、薬には頼りたくない、と言って
我慢をしている方も多いのではないでしょうか。

 

そんな方におススメしたいのが、
ハーブで作られたサプリメント、女性のミカタです。

 

 

女性のミカタには、2種類のサプリメントがあって、
乳房の張りや頭痛、むくみなどの身体の症状には
「すこやか編」がおススメです。

 

「すこやか編」には、チェストツリーをはじめ、
メリロートヒハツなどが配合されています。

 

イライラや情緒不安定などの心への症状には、
「やすらぎ編」がおススメで、
こちらには月見草オイルをはじめ、大豆イソフラボンなどが配合されています。

 

医薬品のように即効性はないサプリメントですが、
続けることで、確実に違いが実感出来るのが女性のミカタです。

 

 

>>女性のミカタの詳細はこちら

 

 

関連ページ

PMSがある月とない月があるのはなぜ?
女性のミカタは薬局などの実店舗に売ってるのか調べてみました!店舗情報以外にも、女性のミカタのサプリメントの飲み方の注意点なども合わせて紹介しています!
更年期障害とPMSの違いとは?
女性のミカタは薬局などの実店舗に売ってるのか調べてみました!店舗情報以外にも、女性のミカタのサプリメントの飲み方の注意点なども合わせて紹介しています!
産後のPMS症状、改善方法は?
女性のミカタは薬局などの実店舗に売ってるのか調べてみました!店舗情報以外にも、女性のミカタのサプリメントの飲み方の注意点なども合わせて紹介しています!